マイホーム

格安すぎるローコスト住宅には注意しましょう

ローコスト住宅

ローコスト住宅は価格の安さが魅力の住宅だと言えますが、あまりにも安い場合には、安全性や住み心地などの品質が悪い可能性があるということを理解しておく必要があります。相場としては、坪単価30万円から40万円、建築費用の総額が1000万円台であることが多いですが、これを下回る場合は注意しておいたほうが良いです。この目安を超えている場合でも、家がとても広いけれど極端に安いなど、建物の大きさや取り入れた設備の種類などを考慮して破格な金額だと感じる場合は注意すべきだと言えます。

一般的にローコスト住宅は、建物の設計や設備をシンプルにすることでコストをカットしています。安く建てることができるけれど小さな家になる、ボックスのような四角い間取りになる、最新の設備やたくさんの設備を取り入れることは妥協しなければならないという問題があるでしょう。もちろん、オプションを追加することによってサイズを大きくしたり、間取りを複雑にしたり、設備のグレードをアップさせたりすることができますが、やはりそれだけ価格が高くなります。価格がかなり安いと感じられる割にお金がかかるような設計や設備を取り入れられている場合は、建材のグレードが悪かったり人件費を無理に削っていたりする可能性があることを知っておくべきです。

家を建てるための材料の品質が悪ければ、安全性や住み心地に大きな影響を与えるケースが多いので、最低グレードは避けたほうが良いと言えます。コストカットのためにグレードを下げることは問題ありませんが、最もグレードが低いものを選ぶと十分なパフォーマンスを発揮できない可能性が高いです。断熱材を例とすると、グレードが低いものは、気づかないうちに湿気によって収縮してしまい、断熱効果が得られなくなるだけではなく、壁の内側でカビが発生するというケースもあります。効果が得られなければ、夏は暑く冬は寒くなってしまいますし、カビや湿気のせいで周囲の木材が腐って家の耐久性を損なうことにもなりかねません。人件費を無理にカットしている場合は、工期に間に合わせるために作業がいい加減になり、耐久性が損なわれている可能性があると理解しておきましょう。

ローコスト住宅を購入するときに、設備などを妥協したとしても建築費用の総額は1000万円台になってしまうことがほとんどです。相場を大幅に下回る場合は、品質に問題あるかもしれないと疑うようにしてください。第三者機関の検査によって品質が保証されているケースであれば、格安であっても安全性や快適性が損なわれていない可能性があります。けれども、品質保証がない場合は問題があるかもしれないと疑い、購入するべきかどうか慎重に判断する必要があります。

関連記事
noimg
契約後の追加工事による予算オーバーには注意しましょう

家づくりを行うときには、契約後の追加工事による予算オーバーが起きることで、金銭的な問題を抱えてしまう人も非常に多いと言えます。契約時に出して

記事を読む

noimg
生活しにくい環境にしないためにも間取りや生活動線が大事

念願のマイホームを手に入れたとしても、生活しづらいと感じるような間取りや生活動線になってしまえば住まいに不満を感じることになります。周辺環境

記事を読む

マイホーム
実際にローコスト住宅で後悔した体験談をチェックしましょう

低コストで建てることができるローコスト住宅の購入を検討している場合は、実際にこのタイプの住宅を購入した人の体験談を、事前にチェックしておくこ

記事を読む

noimg
ローコスト住宅と建売住宅の違いとは

マイホームの購入を検討するときには、ローコスト住宅や建売住宅など、様々なタイプの住宅の名称を聞くことになるはずですが、自分たちに最適なものを

記事を読む

noimg
ハウスメーカーの営業力と提案力に注目しましょう

住宅の購入を検討しているのであれば、ハウスメーカーの営業力と提案力に注目して利用するサービスを選ぶことが大切だと言えます。名前を聞いたことが

記事を読む